中国留学

【中国留学】持っていくべき持ち物紹介【体験談/盗難対策/お土産】

中国に留学する際の持ち物、不安ですよね。現地で買えるものもたくさんありますが、これは持っていってよかった!これは持っていくべきだった!という持ち物を体験談をもとに紹介致します。

今回は、パスポートや現金など基本の必要なものリストではなく、見落としがちだけどすごく重要!な持ち物を紹介します。

スマホ用ネックストラップ

スマホケースにつけるネックストラップです。携帯はなるべくカバンの奥にしまっておくか、首からさげておくのがおすすめです。中国ではスマホのスリが横行しています。これは留学生だから狙われるという訳ではなく、地元の中国人も多く被害に合っています。

私が留学していた時にも、中国人の友人が被害に合っていました。それも、人が多い繁華街や観光地だけではなく、「食堂」や「歩道橋の階段の下り」などでした。留学中に携帯を盗まれると絶望的なので、念には念をで、出歩くときはネックストラップを使用するのがおすすめです。

パスポート用ネックホルダー

パスポートも盗難防止のために、首から下げておくことをおすすめします。普段は部屋の中にしまっておいていいと思いますが、中国国内で旅行に行く際は列車やホテルでパスポートの提示が必要です。私の友人は旅行中に電車の中でカバンごと盗まれ、大使館に行って手続きなどかなり大変そうでしたので、パスポートは肌身離さず持ち歩きましょう。

コンタクトレンズ洗浄液

中国では眼鏡文化でまだまだコンタクトレンズが普及していません。そのため洗浄液を探すのも一苦労でした。私が留学していた頃は、大きいドラッグストアを何件か回りましたが見つからず…結局日本人の友人に譲ってもらいました。

なのでコンタクトを使用している方は洗浄液を多めに持っていった方がいいでしょう。

コンタクトレンズ

コンタクトも、もちろん多めに持っていきましょう。留学期間+2ヶ月分あればなお良いです。ネットだと処方箋なしで送料も無料なのでまとめ買いがおすすめです。

先程、洗浄液をおすすめしましたが、私は留学期間だけワンデーコンタクトレンズにすれば良かったと少し後悔しています。洗浄液は大量に持っていくとかなり重いので、留学期間だけでもワンデーコンタクトレンズの購入を検討してみるのもいいですね。

南京錠

南京錠は予想外にいろんな場面で活躍したアイテムです。まず、留学先の滞在部屋で貴重品をしまっておく場所に使用しました。寮によって初めから金庫がある場合もありますが、大抵はただの引き出しに鍵をかけて保管だと思いますので、南京錠は必要です。

また、中国国内で旅行した際の貴重品の管理にも南京錠は役に立ちます。ゲストハウスに泊まる場合は、部屋か共有スペースに貴重品用のロッカーがあるのですが、ロッカーの鍵は各自で用意してねというパターンが結構ありました。南京錠がなければシャワーを浴びるときも貴重品を持っていくことになって大変です。ホテルに滞在する場合も、念のため貴重品は鍵をかけておいたほうがいいですね。

また、留学先で自転車を買った場合は盗難防止のためにワイヤーが必要です。(私は2回盗まれました。)これは現地で調達でも大丈夫ですが、とにかく南京錠は2つあれば便利です。

日本のお菓子【おみやげ用】

現地で仲良くなった人に配るオススメおみやげは日本のお菓子です。鶴やお箸などはもらっても困るので、消費できて喜ばれるお菓子がいいですね。自分が美味しいと思うものを配るのがベストですが、私が中国から一時帰国する際に中国人や留学生の友達から頼まれたのが「キットカット抹茶味」でした。確かに抹茶は日本らしさも出てますね。

また、中国のお菓子は変な干物だったり甘すぎるチョコレートだったりと、日本人の口には合わないものが多かったです。(ポテトチップスは全世界共通で美味しかったです。)自分が食べるようにも好きなお菓子は持っていくといいですね。

化粧品・美容用品【おみやげ用】

こちらはお菓子よりもワンランク上のお土産です。ホームステイ先の家族に、寮でのルームメイトに、友人の誕生日パーティーで、仲良くなった友人が帰国するときに。様々な場面で”ちょっとしたプレゼント”が必要なときに便利です。女性がメインになってしまいますが、日本の美容品は喜ばれますね。韓国や一部の中国男性は美容に気を使っているので、洗顔などを渡すと喜ばれると思います。

私が中国から一時帰国する際に頼まれたのは「パーフェクトホイップ」でした。中国や韓国で有名らしいです。値段も安いのでおすすめです。

あとは化粧品も人気です。特に『資生堂』ブランドは中国でも有名で人気があるので、日本のお土産としてはかなり喜ばれます。しかし、値段も上がりますし、化粧品はその人の肌や雰囲気に合ったものを選ぶ必要があるので、渡したい人が具体的にイメージできている場合におすすめです。

以上、私が中国に留学した際に持っていってよかったと思った持ち物でした!ぜひ参考にしてみてください!