HSK

HSKと中国語検定どっちを受けるべき?おすすめ資格紹介

中国語の資格をとりたい!でもHSKと中国語検定(中検)どっちを受ければいいの?どう違うの?そんな疑問にお答えします。

主催者と目的

HSKの主催者と目的

HSKは中国政府直属の機関である孔子学院总部が主催する資格試験であり、中国政府が認定している試験です。そのため、中国、日本だけでなく世界中で公的証明書として活用されています

HSKは、中国語でのコミュニケーション力を測るテストであり、より実用的な中国語力が求められます

つまり、英語で言うところのTOEICのような役割ですね。しかし、TOEICと違って全て4択ではありませんし、筆記問題もあります。中国語の日常会話、簡単なビジネス中国語レベルの試験です。

中国語検定の主催者と目的

こちらは、日本中国語検定協会が主催する、日本国内で広く認知されている資格試験です。日本での知名度は高く、公的証明書として活用されています。

中検は、正確な中国語の知識を問われ、日本語と中国語の相互翻訳の力が求められます

こちらは英語で言う英検のようなものですね。四字熟語、慣用句、ピンインなど少々マニアックな問題も出題されます。

各級のレベルの比較

それぞれの、試験内容が異なるため厳密には比較できませんが、中国語検定の公式サイトを見ると下記のような比較になっています。(画像は日本中国語検定協会HPより参照)

中検は準4級が一番低く、1級が一番高いレベルです。対してHSKは、1級が最も低く、6級が最も高いレベルです。こうして見ると、中検の方がHSKよりも高度な内容を扱っており、HSKの方がより初心者レベルの内容も扱っていることが分かります。

では、それぞれの級取得にどの程度の中国語力が必要でしょうか。

HSK1級 非常に簡単な単語とフレーズを理解、使用できる
中検準4級、HSK2級 簡単な日常会話を行うことができる
中検4級、HSK3級 基本的なコミュニケーションができ、中国旅行の際にも対応できる
中検3級、HSK4級 中国人と比較的流暢にコミュニケーションをとることができる
中検2級、HSK5級 中国語の新聞を読んだり、中国語のテレビや映画を鑑賞することができる
中検準1級、HSK6級 中国語の情報をスムーズに読んだり聞いたりすることができ、会話や文章により、自分の見解を流暢に表現することができる。やや難しい通訳ができる。
中検1級 複雑な中国語および日本語の通訳・翻訳プロの通訳家・翻訳家として活躍できる

これから勉強を開始する方は、まずは中検準4級、HSK2級の取得を目指して勉強を始めるといいかと思います。勉強を初めて少し経つけれど試験は初めてという方は、中検4級、HSK3級を受けてみてはどうでしょうか。

出題内容の違い

それぞれの出題内容、出題形式の違いを見ていきましょう。

HSK1級 聞き取り(四択) 読解(四択) 作文なし
HSK2級 聞き取り(四択) 読解(四択) 作文なし
HSK3級 聞き取り(四択) 読解(四択) 作文(並び替え、空欄補充)
HSK4級 聞き取り(四択) 読解(四択) 作文(並び替え、単語を使って写真を表現する作文)
HSK5級 聞き取り(四択) 読解(四択) 作文(並び替え、80字程度の作文)
HSK6級 聞き取り(四択) 読解(四択) 作文(1000字程度の文章を読み400字程度で要約)

HSKは聞き取り、読解、作文の3部構成になっています。

中検準4級 リスニング(四択) 筆記(四択、日→中訳)  
中検4級 リスニング(四択) 筆記(四択、日→中訳)  
中検3級 リスニング(四択) 筆記(四択、日→中訳)  
中検2級 リスニング(四択) 筆記(四択、日→中訳、中→日訳)  
中検準1級 リスニング(四択) 筆記(四択、日→中訳、中→日訳) 二次試験(簡単な日常会話、口頭での中文日訳と日文中訳、指定されたテーマについて1~2分のスピーチ)
中検1級 リスニング(四択) 筆記(四択、日→中訳、中→日訳) 二次試験(面接委員が読む高度な内容の中国語長文及び日本語長文をそれぞれ日本語・中国語に訳す)

中検はリスニング、筆記の2部構成になっており、筆記の中に読解問題も含みます。また、日中訳があるところもHSKとの違いです。さらに、最大の特徴は準1級から二次試験があることです。これは一次試験を合格された方に対して行われます。面接官と中国語で会話やスピーチをします。

HSKをおすすめな人

中国へ留学を考えている人

中国へ留学したい人は迷わずHSKを選びましょう。なぜなら留学先によってはHSKの取得が必須になっているからです。本科生であればHSK4級か5級を求められることが多いです。

また、留学先にHSKが必須でなくても、中国で受験する場合はHSKしか受けられません。日本で勉強する際にもHSKの勉強をしておくと、スムーズに受験できるでしょう。留学中に取得予定はなくても、先生や同じ留学生との会話でHSK何級持ってる?と聞かれることも多いです。中検を持っていても説明しづらいので、HSKを取る方が無難ですね。

中国または外国で就職したい人

HSKは世界中で公的証明書として使えるので、海外や中国現地企業に就職する際のアピールにも使えます。また、企業によっては採用条件をHSK何級以上と定めている場合もあります。HSK5級か6級を求められることが多いです。

日本企業で中国関係の仕事に就きたい人

日本企業の就活の際、人事によってはHSKのことを知らない人もいます。しかし、入社後に中国出張、駐在を望む場合、担当者は中国にある程度詳しい人になるので、HSKのレベル感も伝わります。また、HSKは日常会話などの使えるフレーズが多いので、中国語での仕事に役に立つでしょう。

中検をおすすめな人

翻訳、通訳の仕事に就きたい人

中検では、日本語→中国語、中国語→日本語の翻訳の力が問われます。また、二次試験では通訳の力が求められます。これは、HSKの中国語→中国語とは全く別の能力になるので、翻訳・通訳の仕事に就きたい人には中検がおすすめです。

中国語を極めたい人

日常会話はHSKで十分ですが、中検では慣用句やことわざ、専門用語なども多く出題されます。中国人でも不合格になる人がいると言われているほど、マニアックな問題も出題されるので、中国語を極めたいという人におすすめです。

趣味で勉強していて初めて試験を受ける人

級が高くなると初心者にはおすすめできませんが、準4級や4級であればおすすめです。問題文も日本語で書かれているので、いきなり中国語だけの試験を受けることに不安がある方は、中検から始めてみてもいいと思います。

おわりに

どちらを受けるか迷っている方は、とりあえずHSKを受けてみましょう!

中検も勉強にはいいですが、HSKの方が資格として使える選択肢が広いです。持っていて損はないですね。

日々の中国語学習の目標にも、将来のキャリアのためにも、ぜひ資格取得を目指して頑張ってください!